【塗建】 塗装についての豆知識[塗り替えの時期]



塗り替えの時期

塗り替えの時期
木部や鉄部の塗装は3年毎に、外壁塗装・屋根塗装は8年~10年毎程度での塗り替えが、、 建物の耐久性を維持する為に丁度良い期間です。
使う塗料の種類によっても多少変わってきますが、上記が理想的な期間と言われています。

新築後の最初の塗り替えは8年が理想ですが、理由はモルタルの乾燥伸縮や振動・揺れ等によって、 必ずと言っていいほどの確立でひび割れが発生します。
これを『可動クラック』と言います。
『可動クラック』は、8年程度経過すると収まってきて、これを『可動停止クラック』と言います。
上記のことを前提に、新築ではほとんどの場合に耐久性の弱い仕上げ塗料を使いますので、
8年程度でひび割れの補修と外壁の塗り替えを行うことをお勧めしています。

この『可動クラック』を放置してしまうと、そこから建物の内部に水が入り込みますので、
結果的にかなり大がかりな修繕が必要になってしまう危険性があります。

また、塗装には建物の保護だけではなく、
「見た目をキレイにしたい」「建物の雰囲気を変えたい」
などの役割もあるため、そういった見栄えの面で塗り替えをする方もいらっしゃいます。


塗装の必要性 塗り替えのサイン
塗り替えの時期 塗装の種類