【塗建】 施工内容



  • 外壁塗装・屋根塗装

    建物を、紫外線による劣化、雨風による腐食から守るための対策が外壁塗装・屋根塗装です。
    外壁・屋根に悪影響を及ぼす「酸性雨」や「紫外線」から守り、建物を長持ちさせる役割を果たします。
    また、塗装の際には様々なカラーやデザインから選ぶことができるので、見た目を綺麗にする役割もあります。


  • 鉄部塗装

    鉄部の錆止めです。表面をコーティングして、空気に触れることで鉄が酸化するのを防ぎます。


  • 木部塗装

    建物の多くは木材で出来ており、木材は外壁・屋根や鉄部とは異なり、その素材の特徴から塗料の種類や仕上げの種類が多くあります。
    塗装をすることで、紫外線や風雨にさらされて木の樹脂分が蒸発し腐敗するのを防ぎます。


  • 防水工事

    建物の雨や水にさらされる部分を防水処理することで、内部に水が染み込むのを防ぎます。
    住宅の屋根・外壁・ベランダなどの、雨や水が浸入する可能性のある部分には、防水工事を行なった方が良いでしょう。 防水工事を適切に行なうことで、建物の寿命を長くすることができます。


  • シーリング工事

    ガラスやサッシ周り、外装パネルの目地部分など、建物には様々な隙間があり、 この隙間から雨水が浸入しないように、シーリング材という不定形材料を充填する技術がシーリング工事です。


  • 足場架設

    塗装をする際に必要になる、建物の周りに設置する施工用の作業床です。


  • 飛散防止養生ネット

    塗料の飛散防止に必要なネットです。